震えてるのは君のほう

アイドルと舞台 A.B.C-Z

舞台「トリッパー遊園地」から見た戦中の相撲

舞台トリッパー遊園地、東京公演が終わりました。第二次世界大戦中にタイムスリップする青年の話。台詞の中でちらっと出てきた相撲の行司と、戦時中の相撲について調べたまとめ。ジャニオタが行司の家元について調べる日が来るとは。

「自分は、しきもりいいのすけを心から尊敬しております!」

「ワタシはきむらしょうのすけ派だよ〜!」 

スエ子のお父さんとディーノさんのやりとり、観た公演では毎回笑いが起きていました。観客の年代や趣味の広さを改めて実感した場面。

正確には「式守伊之助(いのすけ)」と「木村庄之助」でした。木村庄之助が行司界のNo.1、式守伊之助はNo.2。当時の人気行司かと思っていたら、行司の最高役職「立行司」が襲名する名前だったので、現在まで続いていた。

作中の昭和20年(1945年)当時は、18代式守伊之助と21代木村庄之助が活躍。21代木村庄之助立行司までの出世が特に早かったとのこと。 2019年現在は41代式守伊之助(2019年1月襲名)、木村庄之助は2015年の37代引退から襲名者不在。

相撲における主役は力士、名脇役として後世に大きなエピソードを残さないのが良い行司なのかもしれない。

 

第二次世界大戦中も大相撲場所は続いていたそうです。戦時中の数少ない娯楽であったことを知って、作中の行司に関する台詞が「年配の方にウケていた場面」という印象と違って感じられた。上のやり取りの他にも、舞台上では子供が相撲で遊びながら体を鍛え、大人も相撲を取ることをきっかけに打ち解ける場面があった。

鍛錬になるという理由から戦時中でも不謹慎とされない遊びだった相撲。今はTwitterで行司名を検索して見つけた#sumoハッシュタグが盛り上がっていて、現在も平和に楽しまれていることに有り難さを感じます。

 

【参考】

行司一覧 - 日本相撲協会公式サイト

木村庄之助 - Wikipedia

式守伊之助 - Wikipedia

戦後70年「大相撲と戦争」 | 取材レポート | インターネットミュージアム

「戦場と相撲 ─日中戦争期の大相撲と兵士─」胎中千鶴

https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20171201105147.pdf?id=ART0010619467