震えてるのは君のほう

アイドルと舞台 A.B.C-Z

ミュージカル「ハル」感想

4月6日にミュージカル「ハル」を観てきました。もともと薮宏太さんと七五三掛龍也さんはそれぞれのグループの気になる存在で、さらに栗山民也さんの演出だったので。

桜と赤坂ACTシアター

f:id:senyaitiya:20190408233814j:plain

キービジュアルがグローブを提げて旅立つ主人公の雰囲気だったので、なんとなく自立がテーマの爽やかな青春ものをイメージしていたら相当重い話だった。最初の「ハル……ハル……」って音楽で、これは癖の強い舞台だぞ…と覚悟したけど。脚本の癖とテーマが多すぎてついていけなかったというのが正直な気持ち。というかシンプルに登場人物が多い。これまでに観た舞台で一、二を争うくらい役者さんが多かった。

1幕は爽やかな印象だったけど、後半どんどん混沌を極めてしまった印象。個人的には少年と彼の周りの友人と家族の成長、くらいでちょうどよかった気がする。閉塞感から脱却しようと足掻く大人たちと町の復興が置いてきぼりになってしまったような。サンドバックちゃんと落ちこぼれ先生、派遣切りのあたり妙に生々しくてしんどかった。というか敗走するハルを携帯で撮っていた町の大人たち、結局人の痛みに鈍感なままなのでは。でも皆ここから、スポーツに限らずそれぞれの夢中になれるものを見つけられるといいよね。(前向きになれるものってスポーツだけじゃないはず、というインドア派の主張)

薮宏太さんはとにかく声量がすごかった。歌が上手い!顔が小さい!スタイルがいい!七五三掛さんとの廃墟でのぶつかり合いが印象的で、「マリー・アントワネット」のマリーとマルグリットが本気で言い争うシーンを連想した。しめちゃんについて欲を言えばソロの歌しっかり聞きたかったな。二人とも本当に高校生に見えた…。

廃墟といえばあの突然のアンダーグラウンド感にはものすごくびっくりした、そのあと試合の直前で突然のよさこい?が始まった時もびっくりしたけど。廃墟での北乃きいちゃんはアヴァンギャルド全開って感じで格好良かったです。(PDキュートのアヴァンギャルドかな、パーソナルカラーは真っ白のTシャツにラベンダー?くすみピンク?を羽織れてるからきっとブルベ夏…でもはっきりした色も似合いそう…とか考えてた)

あの場面が「用が済んだら(=心臓が移植されたら)捨てられる」っていう伏線だった?たしかに粗大ごみを率いて人ではない感じは出ていたけど、彼女の正体というか素性は全然予想できなかった。(試合の直後はこれどう終わるんだ…と不安になってた)改めて思い返すとたしかにマユと他の登場人物の会話はなかったけど、触れる幽霊なんている!?!?って気持ちがどうしても先に立ってしまう。

ハルに正体を明かしてからのマユは吹っ切れたような清々しさがあって、堂々としていて素敵だった。歌声がディズニープリンセスみたいだった。母親役の安蘭けいさんも、地味な服装をものともしないオーラがあったな。ハルが試合に出ることを母親に伝えたとき、手を掴んでくるくる回ってた場面が好きだった。高校生男子が実際に母親とくるくる回るかどうかはわからないけど(たぶん回らない)全体的にどの登場人物も笑顔が少なかった中で、貴重な明るいシーンだったと思う。あと好きな場面はハルと祖母の会話。自分もしたいことをしているだろうか、好きなことを追って駆け抜けていつのまにかおばあちゃんになる人生にしたい…と考え込んで見ていた。

それとマユの父親が最後に頼んだこと、泣いてしまった。何度か泣きそうになったところはあったけどここで本格的に涙が出た。心臓移植がテーマのひとつなだけあって1幕から心臓の音が何度か使われていたけど、去年同じ赤坂ACTシアターで観た「コインロッカー・ベイビーズ」も心音が重要なモチーフだったので(主人公が受けた精神治療で使われた音)それを連想した補正もあったかもしれない。あと生演奏だったところも同じだけど、今回はステージ裏じゃなくて前でやってたので指揮者さんと演奏を見る楽しさもあった。

見終えてからモヤモヤしていた部分について最初に書いたけど、こうして書き出したら好きだった部分もたくさん浮かんで良かった。これから薮さん七五三掛さんを意識して見よう、とも思った。

でもいわゆる「ジャニーズの外部舞台」として、アドリブや身内受け台詞のない大御所演出家によるシリアスな作品…みたいな条件から「良い仕事、良い作品」と捉えていた自分への反省もあります。良いと思った部分は決してそれらの条件で構成されていたわけではないので。何事にも自分の心が動くかどうか、それこそ命が歌い出したい気持ちになっているか、を大切にしたい。

 

www.senyaitiya.com