震えてるのは君のほう

アイドルと舞台 A.B.C-Z

「ジャニーズに浪費する女」になりきれないオタクの出費2019

劇団雌猫さんの『浪費図鑑』を読みました。感想と、触発されて娯楽費を振り返った話。

「○○に浪費する女」のタイトルでの寄稿が集まったエッセイ集です。実感したのは、自分はここまで突き抜けられない、ということ。少なくとも今はまだ、金額面と行動力どちらにも同様のパッションはない。

でも振り切っている寄稿に加えて約2000人への匿名アンケートも載っていて、そちらはリアルに参考になりました。

アンケートの自由回答、舞台に浪費した方の一節に「満足いくまで観たらロスにもならないことに気がついた。」 が印象に残っています。私自身も観てから1年近くロスになっていた舞台があるので。(ここで過去形になるあたり、「◯◯に浪費する女」への道は遠い。)

あとは寄稿した方のペンネームが全て動物?のカタカナで統一されていて、実質匿名だったことが効果的でした。個人のアカウント名やペンネームが出ていないことで、「この人Twitterで見たことある」みたいな雑念というか予備情報なしに純粋な「浪費する女」の話として読めた。

匿名の狙いについては、pixivisionさんのインタビューでも触れられていました。

過激すぎて「インターネットで言えない」ではなく、インターネット上にある自分のアカウント……「住所」とは離れたところでしか書けない話をするってことに同人誌をわざわざ出す意味があったなと。

インターネットで言えないから同人誌で! オタク女子の愛の沼を覗く「浪費図鑑」「悪友」 中の人に聞いた - pixivision

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

 

 

ここから簡単に2019年のお金の振り返り。家計簿アプリの記録を元に年間の趣味・娯楽費の比率と、月ごとの支出グラフを出しました。

前提

・20代前半(会社員2年め)春から3年め

・都内一人暮らし

・未婚

・月の手取り:約20万 (浪費図鑑のアンケートでは、手取りの項目が「10〜20万」と「20〜30万」の刻み方でした)

 まずは年間の支出トータルの内訳です。

f:id:senyaitiya:20200107230156j:image

趣味・娯楽費の占める割合は、家賃に次ぐ二番め。

グラフ内のピンクはあくまで円盤やチケット代が中心で、いわゆるオタ活の諸経費はほぼ含んでいないから恐ろしい。遠征の交通費は交通費に、現場の前後に友人や相互さんとお食事したときは交際費に振り分けていて、それでもこの比率になった。

また逆に、毎月のSpotify課金や推しと関係ない映画の支払いも趣味・娯楽費に含んでいます。純粋なジャニオタの支出まとめではないですが、参考になれば幸いです。

グラフ内の「現金・カード」項目が貯金用口座への移動にあたるものの、なんだかんだそこから少しずつ使ってしまっている。(あとはいちおう別で入社以降の給与から積み立てをしています。)

 

次に月ごとの出費。2019年各月の趣味・娯楽費を確認して、Googleスプレッドシートでグラフ化しました。

f:id:senyaitiya:20200107231427p:plain

合計は約52万円。平均で月4万5千円でした。

特に額の大きい7月は、夏のツアー(2公演×2連)の支払いがメイン。加えてA.B.C-Zとのコラボがあった東京ジョイポリスさんの年間パスポートを購入していた。

あとは、9月にあったSKE48の握手会に向けてシングル「FRUSTRATION」の購入を2枚。名古屋のグループだけど関東開催の回を取ったので、握手の遠征費はなかった。

コンサートに参加した8月の出費が平均程度に収まっていたのが意外だった。入ったのは予定の2公演と同行1公演の3回、うち1回が泊まりがけの遠征。

ツアー会場では、物販に加えて会場予約特典5種のためにシングルを5枚予約しました。グッズは グッズレジ(仮) さんでツイートしていたおかげで確認できた。お世話になっております。

f:id:senyaitiya:20200108190949j:image

次いで高額の1月は、3月にあった自担の主演舞台のチケットの支払いが中心。

逆に飛び抜けて低い4月の出費は、映画(A.B.C-Zの5人が主演したドラマの劇場公開)を2度観たくらいでした。資格試験があり遊ぶのを控えていたことに加え、5〜6月に向けての支払いが発生していなかったことが大きい。

趣味が主に舞台で次にコンサートのため、現場の1ヶ月前に支出が増える。連番分をまとめて振り込み、当日に現金で受け取るケースが支出を一時的に圧迫していることがわかった。もちろんその逆もあるから、平均すると同じくらいになるんだけど。

できるだけ公式の手段(先行と一般)で取れなければ縁がなかったと思うようにしているので、このくらいで済んでいるのかもしれない。

金額自体はそこそこ行ってると思うものの、「浪費です!」と言うには及ばない気がする。でも数年前の自分が見たら驚くだろうな。

 

最後に。金銭管理は家計簿アプリでネットバンクとクレジットカード、電子マネーを連携するのがおすすめです。自動で履歴が更新されるし、毎月グラフになる。

あとさりげなく助かっているのが、「一人暮らしで月に食費どのくらいかかってる?」というような会話の際にさらっと確認できること。把握できているとかっこいいので。

気になっている方は、新年を機に始めてみませんか。(家計簿アプリのプレゼン)