震えてるのは君のほう

アイドルと舞台 A.B.C-Z

推し匿名ツール、お題箱のすすめ

Twitterに数ある匿名メッセージツールのひとつ、お題箱をプレゼンします。

推しポイントは大きく以下の通り。

 

自動でユーザータグがつく

おすすめポイントその1。届いたお題を連携ツイートすると、「#odaibako_TwitterID」の形で末尾にユーザータグがつきます。

回答が多いとタグで追い切れないこともあるけど、それはTwitterの検索も関わってるのでどうしようもない。基本的には便利です。

回答時には、上で書いたように画像の有無を選べます。私は基本つけない派。質問と回答が短ければ、テキストだけで完結できます。タイムラインで幅を取らないし、受け取ったメッセージがツイートの最初に出るので「問い→答え」の流れで読んでもらえるのが嬉しい。

主流の使い方はメッセージと回答のスクリーンショットで、公式で画像がつけられるようになっても続いている。長文に向いているので。

受け取ったメッセージの下にメモとして文章を書ける欄があるので、まとめてスクショしてツイートすると長文に対応できます。

以前は長文画像返信もしていたけど、最近は一旦ツイートした後ブログかふせったーに書き、記事のリンクをリプ欄に繋げる方式でしっかり目の回答をしています。

名前通り(記事の)お題(の)箱に使っている。ほとんど自己満足。

 

メッセージのコピペが可能

受け取った文章をコピーできるのもおすすめポイント。ブログに載せる際も「このお題を元に書きました」って引用の形でテキストに貼り付けられます。

普段なら別にメッセージ画像やスクショを貼ればいいんだけど、テキストで取得できることがアンケートで役立った。

以前舞台についてのアンケートをしたとき、Googleフォームのリンクを貼ったツイートのリプ欄に「後から補足したいことができたらここに書いてください」ってお題箱のURLを繋げていました。自分がよく書きたいことを後から思い出すので。

そのときは質問項目を途中で追加したこともあって、何件か追記を送っていただきました。そちらでの内容もフォームの文章と同様にブログに引用できたので、おすすめです。

 

不穏な投稿への対処

いわゆるフィルターがないので何でも届きます。メッセージと送信者のミュート設定がありますが、ブロックや通報ではないのがポイント。

「受取箱」内の「ツール」からミュートした投稿の表示を切り替えると、拒否した相手からのメッセージも出てきます。ここは好みが分かれそう。

f:id:senyaitiya:20191105231539j:image

 

複数アカウント切り替え機能

最後にマニアックな機能。複数Twitterアカウントで切り替えて使い分けができる!

左上のメニューから「別アカウントでログイン」の項目を選ぶとTwitter連携のログイン画面に。その後「複数アカウント管理」の設定で、IDパスワードの認証なく切り替えられます。

Twitterの公式アプリでアカウントを切り替えるようなイメージに近いかも。

 f:id:senyaitiya:20191105233038j:image

アカウント切り替えの有効化方法

別アカウントで試したところ、3分くらいで終わりました。上の画面内の「秘密のキー」は連携のとき1回だけ使うもの。アプリゲームの引き継ぎ用パスワードのような感覚です。

Twitterアプリのブラウザで始めたら、別アカウントにログインする画面への移動にやや手間取りました。最初からブラウザで開いておくのがよさそう。

最初に登録した方が主アカウントになるという訳でもなく、通知などの設定も個別にできます。複数アカウントを使いがちなオタクの需要とニーズを掴んでいる。アカウントによって使うメッセージサービスを変えてる人とか多いんじゃないかな。

 

DMで通知が届く

最後に通知について。メール通知とDM通知があり、DM通知を入れています。DM送信用の運営アカウントが3つあるので、選択したら設定完了。「このは」を使っている。

f:id:senyaitiya:20190607231224p:plain

運営アカウントのトップにはDM通知が中止された旨が書かれているものの、少なくとも現時点の私のところには問題なく通知が来ています。

切り替え機能で違うTwitterアカウントのお題箱にログインしていてもちゃんと届くことを確認しました。

 

ここまでお題箱愛を書いたけど、マシュマロも使っているから説得力が弱いかもしれない。マシュマロシャワー(送り手がフォローしているアカウントに一括送信する質問)を見るのが楽しくて、参加するために始めました。

とはいえお題箱にそういう機能を求めているかというと違う。フィルターがないから内容を問わない、窓口のようにも使えるのがお題箱だから必要に応じて使い分けている感覚です。

落ち着いたモノトーンの目に優しいデザインも好き。広告が変に主張していないのと、表示される内容も過激なものを抑えた設定にしているように感じます。

お付き合いいただきありがとうございました、良い匿名メッセージライフを!

 

箱はここから作れます。

odaibako.net

こちらもお待ちしてます♡