震えてるのは君のほう

アイドルと舞台 A.B.C-Z

プリズムラッシュソングコレクション所感

キングオブプリズムのアルバムと新作決定が一気にきて多幸感がすごい。これがプリズムのきらめき…!アプリ発5曲をアルバムで一気に聞いた感想について。

 

レッドナイトヴァンパイア

(アレク・カケル・ユウ)

プリズムラッシュ事前登録してたけど、このイベントからシャンシャンの才能がないことに気付いて心が折れました。ハロウィンイベントのストーリー、何人かがヴァンパイア映画に出てこの曲が主題歌って設定だったのを覚えてる。

改めて初オリジナル曲の人選とクオリティと圧がすごい、いや本当に最高、「俺の永遠になれ」でアレクの夢女子になってしまう…。

「モラルの檻を壊せ〜」って歌ってるゼウスのいきいき感が好きです。今までの素朴系エーデルローズ曲で生かし切れてなかったカケルとユウの格好付け(褒めてる)が輝ける場所がここにあった。カケルのパートなら「悠久の罰を知れ」の語尾が好き、2番サビ前の「レッナイショウタイ!」もクイズ番組の司会者みたいで良い。

「欲と理性の両極で」の歌詞、急にちょっと説明的になってる気がして毎回違和感を持ってしまう。罪悪感が残ってることをポエムっぽく表すなら「胸の痛みに目を伏せ」とかどうだろうか。めーをふせー、ってしたら譜割りは同じだから…(どうだろうか…?)

台詞はちょっとやりすぎかなぁ、とか最後にもう1回Aメロやるのは繰り返しすぎて長い、とか最後のジャーンがよくわかんない(浄化?)とかあるけどやっぱり怪奇な真夜中重ねた罪科〜の韻が最高で、最終的にすべてが良すぎるので言うことがなくなってしまう。

  

約束のサジタリウス

(シン・タイガ・レオ)

RPGコラボのお仕事で〜ってイベントストーリーだった曲。カード絵でシンくんそんな格好して大丈夫!?って動揺した。曲のメンバーが可愛いすぎる、かわいいよ〜!(応援上映風)

サジタリウスって単語が歌詞に結構出てきて、イベントストーリーに絡む言葉にしては押しすぎじゃない?と思ってぐぐったら射手座のことだった。たしかにそう思って聞くと射手座っぽい言葉がたくさん出てくる。

レオきゅんがソロで「なぶるような炎に」と歌ってて大人びた感じに感激、声も落ち着いてて男子力の高いシンとタイガの声の中によく馴染んでた。成長…!(どこ目線?)

香賀美さんこの曲でいつも以上に声張ってる感じがする。2人がほんわか系だから自分が気合い入れなきゃって思ったのかな。そして変わらずマイペースのシンくん。

この3人でファンタジー系の曲だからポジティブでマックス!みたいなの想像してたけど意外と暗めだった。設定だけならいかにも台詞ありそうな曲なのに台詞パートもなかったし。でもサビを「射貫け絶望の世界ごと」だと思ってたから歌詞を見て表記が「射貫け、絶望!世界ごと」だったことに少し安心した。

第一声の歌詞が「最高の始まりへ」かと思ってたら「最後」だったのも暗いな…。最後の始まりへ、ってもう終わらせたくないってことだよね、意外と刺してくる曲…。

 

Starved for you

(ルヰ・アレクサンダー)

このへんからアプリのイベントの背景完全にわかんないです、シュヴァルツローズのトップが贈るクリスマスソング。贈られたっていうか殴りかかってこられたけど…。

アレクの!裏声!!!

2人とも高音が綺麗です、だって蒼井翔太武内駿輔……。ヒプマイにも出てほしい…。

「理性と本能がせめぎ合って」ではアレク数曲前にも同じようなこと言ってたなって笑いそうになっちゃった。こんな軟派な歌!って思いつつプロ根性で完璧に歌ってて最高だよアレク……。(メタ視点)そしてこの歌録ったときのルヰにはシンくん思い浮かべててほしい……。だって完全に心情がルナティックDestinyのそれでは……??そして一条シンの心情はたった一人との出会いが世界をすべて変えたんだのsweet sweet sweet...…。

しばらく「僕はどんな手をもって 君と向き合えている」って聞こえてたからどんな無茶な手段を使ったの如月ルヰ……と思ってたけど、歌詞をきちんと見たら「僕はどんな顔で 君と向き合っている」だったのでイメージが多少穏健になった。多少は。

あとグロリアス〜にシュヴァルツの圧を感じる。(一応グロリア〜は聖書の引用みたいだけど)法月仁はいったいどんな気持ちでこの曲(歌詞)を聴いたんだ…。法月仁が作詞……!?!?

あとは映画の主題歌設定とかで背景にそういうストーリーがあるかもしれないという意味で、ルヰとアレクが両(片)思いというか駆け落ちというかお互いを想った曲としても聞ける気がする。それだとルヰの「天使の顔をして」がちょっと違和感あるか、でも如月ルヰなら大和アレクサンダーにも天使らしさ見い出し得るんじゃないかと思う。夢の見過ぎかな。

編曲した方の裏話も読みました。いや記事タイトルすごいな。

ameblo.jp

 

氷上白浪男

(ユキノジョウ・ミナト・ユウ)

お正月曲〜ユキさま〜〜〜

ユキさまが実は洋楽ロックがすき、って設定を生かしてきた間奏?和風でしっとり通すかと思ったら意外と熱かった。

氷上の白浪ってやっぱりプリズムショー(=フィギュアスケート)を指してるんだ、って後から気が付いたくらいにはプリズムショーも氷の上ってことを普段忘れてる。

歌詞が微妙に文語と口語混ざってる感じするのが気になったけど、2番の「あなたどうかしら」の色気がすごくて全て持って行かれた。斉藤壮馬〜!サビの終わりの音が上がりきらない?のもユキさまらしさが出ている気がする。

1番の同じとこでゼウスが「あなたどうされよ」を歌ったときも良かったけど、平易というか抑えめで(キャラ上の=涼野ユウとしての)ユキノジョウとの貫禄の差みたいなのちょっと出してる気がした。主役を引き立てる内田雄馬さん、演技の幅が広すぎる。

初めて聞いたときは和風ならタイガじゃないの?とも思ったけど、3人とも吐息多めの声だと曲の変化がつきにくそうだから、きりっと歌うユウが入ることでメリハリがついてるんだろうな。

最後の「轟かせよう」前の溜め、まあまあ長いです。カラオケで歌うときトラップになるやつだ。カラオケで全曲歌いたい。

この曲は台詞ありました。ミナトさんの「俺のこと、優しいだけって思ってない?」を聞いて(ごめん…思ってる…)という感想しか出てこなかった。これ以上ないくらいに優しい声でそんな台詞をいうのはずるくないですか。

今後の新曲でメインを張る鷹梁ミナトにも期待です。次のアルバムが出るまでラッシュ曲を聴かないという縛りを課している。

あとしっとり始まって急にロックになるところが映画「フィッシュストーリー」の挿入歌っぽいな、と思って調べたら斉藤壮馬名義のソロで同じ題名の曲があって面白かった。映画の方は最初1分ずっとゆっくり歌ってます。

 

Surprise Decoration!

(レオ)

冒頭18秒までだけでも聴いてほしい、レオきゅんがaikoです。

なんてことない日常はいつだってそう〜って歌い出しなんだけど、「いつだってそう」のメロディと歌い方が完全にaiko。西園寺レオもとい永塚拓馬は平成の恋愛ソングの女王になれるポテンシャルを持っている…!?

横切る猫、とびきりのラテアート、空のひこうき雲〜って歌詞があるんだけど最高に14才って感じで最高じゃない?(語彙が消えた)君との日々の幸せの象徴を並べてて、ラテアートでちょっと背伸びした次がひこうき雲ピュアピュアだ!

あとBメロで気づいたけどレオきゅんは英語の発音が良いです、香賀美タイガのマイソングのときと同じ感想だ。タイガとレオのデュエット聴きたい〜〜プリズムキングカップのときデザインした衣装で王子と姫風ミュージカル曲やってほしい〜〜〜!!!あと最後に入る女子のコーラスがたぶん桃色MAXジャンプのときと同じでちょっと嬉しい。

女の子目線のバレンタイン曲なんだけど、なんとなく男子として歌ってる気がする。「君へ」って呼びかけのせいかな、女子が贈るならサプライズってほどじゃないから…?

2番最初の「名前呼べば振り向き笑ってくれる、あの気持ちは表現し切れないよ」みたいな描写というか表現が女子目線っぽくない、のかも。

シンくんに次いで推してるレオきゅんがアプリ内で初ソロもらって大変嬉しいんだけど、こうなると別の顔も見たくなってしまうのがつらいところです。(サジタリウスのときも新しい一面〜!って思ったけど、それはそれとして)

バレンタインでお菓子作りって内容的にはミナトさんとデュエットでも良さそうだったけど、ミナトさん2曲連続になっちゃうからやめたんだろうなぁ。

KING OF PRISM RUSH SONG COLLECTION -RED NIGHT VAMPIRE-
KING OF PRISM RUSH SONG COLLECTION -RED NIGHT VAMPIRE-
 

声優さん3人も名前に馬がついてることに気付いてふふっとなった。

映画の続編より先に出るであろう次作アルバムがはやくも楽しみです。ジャケットがヴァンパイアになっててSpotifyで聴いてると全曲同じ絵が出てくるから、つまり次作の顔になるのはSweet Sweet Repliesのイラスト…!熱い…!